フリーランス雑記帖

日々の出来事、アニメ、映画、ゲームなどを紹介しています

思い立ったらすぐ行動することの重要さ

f:id:blazedesign:20191006173231j:plain

僕はフリーランスになると決めて、次の日に税務署に開業届を出しました。
決めてから実行するまでの時間は1日足らずでした。

フリーランスになるために特別に準備したり資金を用意したわけでもなく、いきあたりばったりで決めてフリーランスになりました。

開業届けを提出したことでフリーランスの自覚が芽生え、追い込まれることで目の前のやるべきことに集中することができました。

振り返ってみると、「思い立ったら行動する」というスピード感こそ重要ではないかと思っています。

1、勢いに乗って行動する

f:id:blazedesign:20191021101038j:plain

人間が集中できる時間はあまり長くはなく、熱を持っている状態は長くは維持できません。

熱中できることや良いアイデアが見つかったら、あまり考えずにとりあえずやってみるのも一つの方法です。
勢いに乗っている時は、意外とデメリットやリスクは感じないものです。

勢いの波に乗って行動してみれば、自分が考えている以上のことが達成できたりします。
あまり冷静にならず熱を持ったまま行動することは、自分が目指す方向で何かしら成果を出したいときに有効だと思います。

行動して壁に当たったら、その時に考えればいいと思います。

2、あまり準備しない

f:id:blazedesign:20191021101047j:plain

事前に準備しても絶対に大丈夫という保証はありません。
失敗するかもしれないし上手くいくかもしれません。
リスクを考えすぎると行動に移す確率は低くなります。

僕はフリーランスになる時に何の準備もしませんでした。
独立当初を振り返ると、もう少し準備すべきだったと思うことはありましたが、変化の先にあるワクワク感を考えると準備不足など小さなことに思えました。

走りながら軌道修正していくぐらいの気持ちで、まずは1歩を踏み出すことが重要だと思います。

3、自分の感覚を信じる

f:id:blazedesign:20191021101057j:plain

「思い立ったが吉日」という言葉があります。
意味を調べると「何か物事を始めようと思ったら日を選ばずにただにち着手するのが良いという教え」とあります。
自分が、やるぞ!と思った日が絶好のタイミングということです。

何か物事を始めようとする時は、いろいろな条件が重なっており、そのタイミングは自分しかわかりません。

自分の感覚を信じることが行動につながっていくと思います。

【まとめ】時には勢いで行動することも重要

僕が行動を起こすときに大切にしていることをまとめてみました。

1、勢いに乗って行動する
2、あまり準備しない
3、自分の感覚を信じる

大企業に勤務していても10年後は大丈夫という保証はありません。
新卒で入社しても同じ会社で退職まで在籍する人は昔に比べて少なくなっています。

自分に合わない環境で「成長できない」と感じたら行動するチャンスかもしれません。
別の環境ならその能力をより活かせ、好待遇で働けるかもしれません。

時には冷静に考えないで勢いで行動することも重要だと思います。