フリーランス雑記帖

日々の出来事、アニメ、映画、ゲームなどを紹介しています

フリーランスになる前に準備した方がいいこと

f:id:blazedesign:20191006173002j:plain

僕はいきあたりばったりでフリーランスを始めたので、後で振り返るともっと準備しておけばよかったと思います。
反省を踏まえて、これからフリーランスで仕事を始める人のために事前に準備しておくことをまとめてみました。

1、屋号を決める

f:id:blazedesign:20191007110430j:plain

フリーランスとして税務署で手続きをする際、屋号は必ずしも必要ではありませんが、屋号があると仕事内容が相手に伝わりやすいなどメリットもあります。
以下のポイントをおさえれば、自分のイメージに近い屋号を決めるのが容易になります。

・覚えやすいこと
・読みやすいこと
・屋号から業務内容が連想できること(○○商店、△△デザイン など)

2、開業届と青色申請の書類を提出する

f:id:blazedesign:20191007110100j:plain

フリーランスや個人事業で仕事を始める際、税務署に開業届を提出します。
あわせて「青色申告承認申請書」を提出することで確定申告の際、青色申告特別控除として65万円が控除になります。
そのほか青色申告には以下のメリットがあります。

・赤字が繰り越せる
・親族への給与が経費になる
・30万円未満の備品を一括で経費にできる

3、会計ソフトを用意する

f:id:blazedesign:20191007110243j:plain
確定申告するには、日々の仕事の売上や経費を帳簿に記入する必要があります。

パソコンで行うのが一般的なので、自分に合った会計ソフトやクラウド版ソフトを用意する必要があります。

ソフトの使い方は調べながら進めればそこまで難しくありません。

4、クレジットカードを作る

f:id:blazedesign:20191007132113j:plain

安定した収入を継続して得られる会社員と比べ、フリーランスや個人事業主は収入が不安定なため金融機関の信用を得るのが難しいと言われています。
そのためフリーランスになってからクレジットカードを作成する際、審査に通らない場合もあるようです。
独立を決めたら会社に在籍している間にクレジットカードを作りましょう。

5、備品、事務用品を準備する

f:id:blazedesign:20191007110259j:plain

会社で仕事をしていた時は気付きませんでしたが、自分で仕事を始めると様々な事務用品が必要になります。

パソコン、パソコンソフト、プリンタ、名刺、見積書、請求書、納品書、コピー用紙、封筒、切手など。

これらはフリーランスで仕事を始めるまでに用意しておくのが理想ですが、僕の場合は仕事をしながら必要になったものは、その都度買い足していきました。

名刺は早めに用意することで独立後すぐに営業に回れるため、事前に作成しておくことをおすすめします。

6、ポートフォリオやWEBサイトを作る

f:id:blazedesign:20191007110312j:plain

デザイナーやイラストレーターなどのクリエイティブ職に限定されますが、自分を売り込むための作品をまとめたポートフォリオやWEBサイトを準備することで、すぐに営業に出ることができます。

自分の実力を最大限理解してもらうため、しっかりしたものを用意しておけば営業先から案件を受注する確率が上がります。

作成に時間がかかるので、独立前から少しずつ準備しましょう。

7、知人や取引先に声をかける

f:id:blazedesign:20191007132243j:plain

独立することが決まっている場合、知人や在籍している会社の取引先などに事前に声をかけておくのも重要です。

なぜなら知人や取引先の人を通じて仕事を紹介してもらえる可能性があるからです。

ほかにも仕事が発生する可能性のある人には独立することを話してみましょう。

【まとめ】最低限の準備は必要

フリーランスで仕事を始めるにあたって準備するべきことをまとめました。

1、屋号を決める
2、開業届と青色申請の書類を提出
3、会計ソフトを用意する
4、クレジットカードを作る
5、備品、事務用品を準備する
6、作品集やWEBサイトを作る
7、知人や取引先に声をかける

会社に勤務しながらでも独立の準備は可能なので、できることから少しずつ準備しておけばいざというときにすぐに行動に移せます。