フリーランス雑記帖

日々の出来事、アニメ、映画、ゲームなどを紹介しています

【グラフィックデザイン】クリエーター向けBTOパソコンを購入しよう

f:id:blazedesign:20190706155833j:plain


仕事でイラストを描いたりデザインする人にとってパソコンは最も重要な仕事道具です。
では、普通のパソコンとどのように違うのでしょうか? スペックは? 価格は? など、いろいろ気になる点が多いと思います。

僕は仕事で使うパソコンをBTOで購入して非常に満足しているので、今回はパソコンでグラフィックデザインを行う人に向けて、BTOパソコンを購入する時のポイントや注意点をご紹介します。

BTOパソコンとは?

BTOとは「Build To Order」の略称で、BTOメーカーがオーダーを受けて製造することを意味しています。
ユーザーが用途に応じて自由にパーツを選べるのでカスタマイズ性が高く、おまけに価格が安いというメリットがあります。

以下は有名なBTOメーカーです。
・ドスパラ
・ツクモ
・マウスコンピューター
・パソコン工房
・DELL

これらのメーカーを一度は聞いたことがある人も多いと思いますが、クリエーター向けパソコンを購入する場合、これらのサイトで購入するのが一般的な方法です。
選ぶスペックがよくわからない人でも、BTOメーカーのサイトでクリエーター向けとしてカスタマイズ済みのパソコンが用意されているので選びやすいと思います。

クリエーター向けパソコンとは?

BTOパソコンメーカーがクリエーター向けとして製造・販売しているものです。
主に以下のような用途で使用する人に向けて作られたパソコンのことです。
・イラスト、漫画
・3DCG、CAD
・動画・写真編集
・グラフィックデザイン
・WEBデザイン

一般向けのパソコンと比較して、CPU、メモリ、ストレージ、グラフィックボードなどが高性能なパーツで構成されているのが特長です。

クリエーター向けパソコンのスペックは?

パソコンで仕事としてグラフィックデザインを行う場合、以下のスペックがポイントになります。


【CPU】
パソコンの頭脳となる部分です。コア数が多いほど複雑な処理を高速に行えます。

【メモリ】
高性能なCPUを搭載してもメモリ容量が少ないと動作が遅くなってしまいます。

【グラフィックボード】
画面に描画する画像処理を行う装置で、高精細な写真や動画、3DCGの高速処理に優れています。

【内蔵ストレージ】
SSDかHDDが選べます。最近だと高速に読み込みできるSSDが人気です。

仕事で使用しているパソコン

参考までに、僕が仕事(グラフィックデザイン)で使用しているパソコンのスペックをご紹介します。BTOで購入しました。
【OS】Windows 10 Home
【CPU】Intel Core i7-8700
【メモリ】32GB(16GB×2)
【内蔵ストレージ:HDD】2TB
【内蔵ストレージ:SSD】250GB
【グラフィックボード】NVIDIA Quadro P620

【まとめ】BTOパソコンはコスパ最強

僕は仕事で使用するパソコンをBTOで購入しました。

理由は、カスタマイズ性の高さと価格の安さというコスパの良さです。
結果的に仕事で問題なく使用できているので満足しています。

クリエーター向けパソコンと一言でいっても、作業の目的によって要求されるスペックが異なるため、かゆいところに手が届くBTOで購入するのが最適な方法だと思います。