フリーランス雑記帖

日々の出来事、本、映画、ゲームなどを紹介しています

【ホラーだけじゃない!】スティーブン・キング原作のおすすめ映画 6選

f:id:blazedesign:20190628171350j:plain


僕はスティーブン・キングの小説が好きでよく読むのですが、スティーブン・キングの原作で映画化された作品は沢山あります。

スティーブン・キングといえばホラー映画を連想しますが、ホラー以外のジャンルでも名作揃いなので、おすすめの6作品をご紹介します。

スティーブン・キングとは?

1974年『キャリー』で小説家としてデビューする。

その後、ホラーと現代の社会状況を巧みに織り交ぜた「モダンホラー」というジャンルを確立して一躍人気作家となる。

キング自身がメイン州の出身ということもあり、メイン州が小説の舞台となることが多い。

作風は日常描写や人物描写の緻密さが特長で、これらの描写にかなりのページ数を裂いています。

キング自身が大のロック好きなこともあり、小説の中ではロックにまつわる描写も多く登場します。

また、手がけた小説が映画化されることが多い作家でもあります。

『ショーシャンクの空に』

https://eiga.k-img.com/images/movie/45573/photo/b0922efbc46a4687/640.jpg?1396887283

引用:映画.com

あらすじ:
スティーブン・キングのホラー以外の作品を集めた作品集「恐怖の四季」に収録されている『刑務所のリタ・ヘイワース』を原作にした人間ドラマ。
理不尽なえん罪により終身刑の判決を言い渡され刑務所に送られた銀行員の主人公・アンディが、仲間と協力して刑務所から脱獄するまでを描く。

感想:
人生、希望、司法制度の闇など、深いテーマを盛り込んでいますがストーリーは複雑ではなく、娯楽作品として楽しめます。
脱獄までの過程が楽しく、アンディと脱獄する仲間立ちの絆が素晴らしい。

『ミスト』

https://eiga.k-img.com/images/movie/53105/gallery/1_large.jpg?1396887350

引用:映画.com

あらすじ:
ある田舎町で嵐が過ぎ去った翌日、町全体に謎の霧が発生する。
主人公のデヴィットは買い物でスーパーマーケットに立ち寄った際に謎の霧に遭遇し、霧の中から現れた正体不明の怪物に襲われてしまう。
やがて町の人々はパニック状態になっていく。

感想:
非常にB級感あふれる作品で、クトゥルフを連想させるモンスターもいい感じです。
異形のモンスターも怖いですが、極限状態の中で露呈される人間の凶暴な一面と異常な集団心理も怖いと思わされた作品。
衝撃のラストはこの映画の見どころのひとつです。

『シャイニング』

https://eiga.k-img.com/images/movie/14352/photo/072a62c2e17ef13d/640.jpg?1463126425

引用:映画.com

あらすじ:
コロラド州の山奥にある外界から隔絶されているホテルに、小説家志望の主人公・ジャックが冬期限定の管理人として雇われる。
ジャックは妻のウェンディと息子のダニーと共にホテルに宿泊することになった。
しかし、そのホテルでは数年前に一家惨殺事件が起きており、超能力を持つ息子ダニーはジャックの変化など、様々な異変を感じはじめる。

感想:
次第に悪霊に蝕まれていくジャックが斧で家族を襲う場面が有名だが、その他にもキューブリック監督による独特の映像表現により、ホラーなのに美しく印象に残る場面が多いのが特長。
キューブリックによる大胆な原作の改編により、原作者のスティーブン・キングは映画版に納得がいかないようで、1997年にTVドラマ版が制作された。

『ミザリー』

https://eiga.k-img.com/images/movie/49815/photo/4477733524a13318.jpg?1420540806

引用:映画.com

あらすじ:
ベストセラー作家の主人公ポール・シェルダンは、書き上げた小説『ミザリー』の最新作を車で運ぶ途中、雪道でスリップして崖下に転落してしまう。
しかし、車で通りかかった元看護師のアニーという女性に助けられ、かろうじて一命をとりとめたポールだったが、アニーは『ミザリー』の熱狂的なファンだった。

感想:
人気作家のストーカーという設定は公開当時は珍しく、最初はポールに優しかったアニーが徐々に本性を現して暴力的になっていく過程が怖い。
人間の怖さやファンの心理が丁寧に描かれており、実際にありそうなリアリティを感じる。
密室の中で繰り広げられるホラーだが、巧みな心理描写と演出で最後まで一気に観てしまう。 

『スタンド・バイ・ミー』

https://eiga.k-img.com/images/movie/45887/gallery/1_large.jpg?1396887759

引用:映画.com

あらすじ:
小説家のゴードンが、「弁護士のクリス・チェンバースが刺殺される」という新聞記事を読んで、少年時代を回想するところから物語は始まる。
少年時代、クリスとゴードンは親友で、テディ、バーンを含めた4人はいつも一緒に遊んでいた仲間だった。
ある日4人は、とある理由から30㎞先にある死体を見るために冒険の旅に出る。

感想:
観た後、懐かしい気持ちになり旅に出たくなります。
4人は子どもながらに様々な事情を抱えており、旅の中で4人が経験する助け合いや喧嘩、友情などをみると、少年時代の一瞬は本当に貴重なものだと再確認しました。
何度も見返したくなる映画史に残る傑作だと思います。

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』

https://eiga.k-img.com/images/movie/86213/photo/b5de6c62893fa47e/640.jpg?1505184149

引用:映画.com

あらすじ:
過去に制作された『IT』のリブート作品。
メイン州のデリーで子どもの失踪事件が相次ぐなか、主人公ビルの弟も失踪してしまう。
そしてピエロの怪物ペニーワイズがいたるところに現れ、ビルと仲間たちを襲い始める。
ビルと仲間たちは、ビルの弟を探すため、都市伝説の謎を説くためにペニーワイズに立ち向かう。

感想:
ペニーワイズをはじめ様々なモンスターが登場するわかりやすいホラーで、ピエロ恐怖症になるくらいペニーワイズが怖いです。
思春期特有の子どもたちの話ややジョークが楽しく、ホラーの要素が入った王道の青春映画としても楽しめます。
本作は子ども時代の話を描いているが、2019年に公開予定の『IT2/イット チャプター・ツー』ではビルと仲間たちが大人になったストーリーが楽しめる。

【まとめ】ホラー以外も面白いキング原作の映画

ホラーの印象が強いキングですが、意外にも心温まる人間ドラマが多いのが特長です。
原作を読んでから映画を観ると、また違った印象を受けるかもしれません。