フリーランス雑記帖

日々の出来事、アニメ、映画、ゲームなどを紹介しています

【2019年版】PS4薄型に500GBの外付けSSDを接続したら超快適になった!

f:id:blazedesign:20190614105656j:plain


PS4でゲームをしていて、ゲームの起動が遅かったり、ローディングが遅くてイライラした経験がある人は多いと思います。

僕も同じような理由で困っていて、ちょうどPS4のHDD容量が不足していたので、思い切って外付けSSDを接続してみました。

その結果かなり効果があったので、接続方法や注意点、接続後の効果をご紹介します。

「内蔵SSD」または「外付けSSD」を選ぶ

今回ご紹介するのは、PS4薄型(CUH-2000)に外付けSSDを接続する方法です。

PS4にSSDを接続する方法は以下の2通りあります。

・内蔵HDDを内蔵SSDに換装する
・外付けSSDをUSBで接続する※
 ※ケースに入れた内蔵SSDをUSB接続する方法も「外付けSSD」と定義します。

・内蔵HDDを内蔵SSDに換装する(PS4 Proの場合)
 PS4に内蔵されているHDDを、新たに購入したSSDに換装する方法。

・外付けSSDをUSBで接続する(PS4 初期型、PS4 薄型の場合)
 内蔵HDDはそのままで新たに外付けSSDを購入して接続する。

初期型と薄型PS4は外付けSSDを選ぶ!

SSDを選ぶ際に注意したいのが、PS4のタイプによって内蔵SSDか外付けSSDを選ぶ必要があるということです。

ちなみにPS4は大きく分けて下記の3種類があります。
・PS4 初期型(CUH-1000、CUH-1100、CUH-1200)
・PS4 薄型(CUH-2000、CUH-2100、CUH-2200)
・PS4 Pro(CUH-7000) 

まず、PS4のタイプ別の内蔵HDDのインターフェース規格を確認してください。
・PS4 初期型、PS4 薄型(SATA2 転送速度 3.0Gb/秒)
・PS4 Pro(SATA3 転送速度 6.0Gb/秒)

「PS4 初期型」と「PS4 薄型」の内蔵HDDはSATA2で接続されているため、内蔵HDDを内蔵SSDに換装しただけではSATA2接続のため転送速度3.0Gb/秒までしかでません。
これではSSD本来の速度を活かすことができません。

そのかわり、「PS4 初期型」と「PS4 薄型」のUSBポートは3.1 Gen 1形式で転送速度 5.0Gb/秒のため、外付けSSDであれば問題を解決できます。

ちなみにUSB接続の外付けSSDには以下の種類があります。
・USB 3.0(転送速度 5Gbps)
・USB 3.1 Gen1(転送速度 5Gbps)
・USB 3.1 Gen2(転送速度 10Gbps)

結論! 初期型と薄型PS4の場合は外付けSSDを選びましょう。
※ケースに入れた内蔵SSDをUSB接続する方法も「外付けSSD」と定義します。
※PS4 Proの内蔵HDDは高速のSATA3のため、内蔵HDDを内蔵SSDに換装すれば問題ありません。

外付けSSDの接続に必要なもの

PS4に外付けSSDを接続できるようになったのは、PS4のシステムソフトウェアのバージョンが4.50(2017年3月9日)からです。
外付けSSDを使用する場合は、PS4のシステムバージョンを4.50にアップデートしておきましょう。

内蔵SSDをケースに入れて使用する方法と、外付けSSDを使用する方法がありますが、どちらでもかまいません。
今回は内蔵SSDをケースに入れてUSB接続する方法をご紹介します。

PS4に外付けSSDを接続するときに必要なものは以下の2点です。

・内蔵SSD
・SSDケース

PS4で外付けSSDを使用する際には以下の条件があります。

・USB 3.0以上に対応している
・容量が250GB以上、8TB以下
・PS4に直接接続している

この条件から外れたSSDを接続すると、SSDのフォーマットが失敗するので注意が必要です。

外付けSSDとケースを購入する場合は以下の条件を満たした商品を購入しましょう。
・PS4対応
・USB 3.0以上に対応
・250GB以上、8TB以下

おすすめの外付けSSD

外付けSSDの接続方法

僕は内蔵SSDをケースに入れて接続したので、その方法をご紹介します。

1、SSDケースに内蔵SSDを入れて、
USBケーブルでPS4と接続します。
 ↓
2、PS4での設定方法
設定>周辺機器>USBストレージ機器>
の順に選択し、接続したSSDを選択します。
 ↓
3、「拡張ストレージとしてフォーマットする」
を選択してフォーマットを実行します。
 ↓
4、拡張ストレージ機器にSSDが
反映されたらフォーマット成功です。


ちなみに500GBのSSDの場合、システム容量として20GB程とられてしまうので、フォーマット後の容量は480GB程になりました。

内蔵HDDのゲームデータを外付けSSDに移動する

SSDのフォーマットが完了したら、内蔵HDDにあるゲームデータを外付けSSDに移動します。

1、設定>本体ストレージ>アプリケーション
の順に選択します
 ↓
2、移行したいゲームのところで
オプションボタンを押し、
「拡張ストレージへ移動する」
を選択します。
 ↓
3、完了です

外付けSSDを接続した結果

モンスターハンター:ワールドで検証したところ、

・ゲームを開始するまで
 内蔵HDD=45秒
 外付けSSD=34秒

・クエスト帰還時のローディング時間
 内蔵HDD=43秒
 外付けSSD=19秒

このような検証結果が出ました!

特に「モンスターハンター:ワールド」はクエストの繰り返しなので、ローディング時間はネックになります。
その点を解消する手段として、外付けSSDの導入は明らかにメリットがあると思います。

その他のゲームでも効果がありますので、ゲームの起動やローディングの時間が気になる方は、是非SSDの導入を検討してみてはいかがでしょうか。